平成11年5月28日
 
村長との話し合い
 
 5月7日に先日の回答書について村長と話し合いをしたい旨文書で提出していた件について話し合いを行いました。
   
   出席者   村長、収入役、観光商工課長、椎名 田中
 
1.「支出関係書類については収入役にで保管、管理」
 
2「全事業者に周知できる様に努力したい」
 次回からは商工課でPRを行う。
 JRで発行する小さな旅シリーズに村内の各施設を載せる件について村の広報誌でお知らせした。
 しかし今回6月11日に行われる自転車競技のアジア大会の宿泊は特定のペンションに偏っているように思われるがどうか。
 事務局には宿泊はペンションに泊まるように申し入れをしている。宿泊関係は近畿ツーリストが担当しているが外国人は”グリーンプラザ”に泊まり、役員と選手は浅間高原観光協会を通して宿泊をお願いしている。
 
3.「嬬恋村観光協会への入会については行政が介入する問題でないので、嬬恋村観光協会と十分協議していただきたい。」
 地域別の観光協会があるのでそこに入って活躍してほしい。
 
4.「今後必要があれば検討したい」
 村長は地域の集会があれば積極的に参加します。
 
5.その他
 7月の機構改革で総務課に浅間高原担当の職員を置きたい。
 今後商工課は広報誌を使ってPRしていきたい。
 今回のアジア大会の件は申し訳なかった。
 村内で部落組織がないところは別の方法を考え中である。地域ごとに連絡できる様にする。
 
 
 
作成 田中俊光