2009/02/07


トップページ 最期の日記 ボクがいた・1 ボクがいた・2 2005月10月の日記
テツへの
オマージュ
テツへの
オマージュ
テツへの
オマージュ3

2009/9/15
更新
テツを看取って
reguiem
(レクイエム)

■ボクがいた・2

 

タンポポの季節・・・・・
0分の別荘地にあるタンポポの芝生なんだ。毎年ボクはここで何度も何度も数えられないほど、ボクをモデルに撮影するんだ。


ボクは途中で飽きるけれど・・・ご主人はこれでもか、これでもかと思う位シャッターを切るんだよ・・・。








旧信越線の後
めがね橋
碓氷峠


2005/10/12
12才。
■ワンパーク・・・・・
ここは、車で15分の距離のワンコの天国だよ。

ひろーーーーい野原。いぱーーーい走れて、最高だよ。

今日は天気も良く、気持ちのいい1日さ・・。

シーズンは沢山のワンコが来るんだ。

            冬季時はスキー場になるんだ



■2004/6/15 撮影  11才





芳ヶ平にて・・・・
白根山の北から横手山の南東方向にかけて広がる芳ヶ平は、日本屈指の高層湿原だよ。
 ワタスゲやミズバショウのハイキングコースは、訪れる人を幻想的な世界に誘うすごーーく感動的な湿原なんだ。



白根山の湯釜から歩いて1時間。
ご主人とボクの実家のご夫婦と一緒に行ったんだ


紺碧の空、初夏の爽やかな風、ワタスゲが満開。地上の桃源郷みたいだったんだ。

ご主人は大好きな缶ビールで乾杯さ。


撮った写真は100枚以上・・・・・・
まあああーーーー、ご主人はロケーションとワタスゲに感動してボクをモデルに100枚以上もデジカメに収めていたんだ。
ボクは・・途中でモデル放棄しても、まだ撮っていたんだ。

さすが帰りは登り坂でボクは、ご主人にずっと抱いて貰ったんだ。







白根山にて・・・・

ここは、白根山のエメラド・グリーンに染まる有名な湯釜さ。

芳ヶ平の帰りに寄ったんだ。
人は余りいなく、撮影出来たんだ。

今日は随分歩いたから、ボクは少し疲れた顔してかもしれない・・ネ。

結構・・日差しが強かったんだよ。


2006年嬬恋村・キャベツ野


2004年・11才。






ボクはテツ学者・・・・・・・
冬のシーズンの写真もたくさーーーんご主人と一緒に撮影したんだ。

この頃のボクは、珍しく少しメタボだったんだ。
新雪の早朝、無理に散歩に連れていかれ、木々の雪が解けない内に
とらなくちゃ・・・って。

みてええーーーえーーー!
ボクは、テ・ツ・が・く・し・ゃ・・・・・・なんだ。




2006年厳冬の北軽井沢・13才


第3の男・有名なラストシーン(1949)





第3のテツ・・・・・
ここは、徒歩で5.6分の場所だよ。

ふるーーーい映画「第3の男」って知ってるかな・・・・・(1949年)

ソオオオオオーー・・・・!

ここはその第3の男のラストシーンに出てくる画面がそっくりだろう・・・?

厳冬の北軽井沢にも、こんな風景があるんだよ。


タンポポの季節さ。








花火・・・・・・
隣の「軽井沢紀州鉄道列車村ホテル」がるんだ。
ここは、ご主人となんども、何度も散策に来るんだ。タンポポの群生地もあって、別荘地が隣接して、四季折々さんぽに最適で写真もここで沢山、たくさん撮ったんだ・・。

今日は夏のシーズンにミニ花火大会がるんだ。

もーーーーーローカル色豊か小さな花火大会さ。

予算の関係で最初、花火の音がして、大急ぎで駆けつけると、すでに終わっている事もあるんだ。



1回、1回・・拍手が起こるんだよーー。
素晴らしい花火師と心がつながるんだ。




■2004年6月15日・芳ヶ平・11才






芳ヶ平にて・・・・・
ボクの実家のご夫婦とご主人と初夏の爽やかな季節に、トレッキングに出かけタンだ。

紺碧の空、純白の美しいワタスゲが満開だったんだ。

素晴らしい1日さ・・。
思い出に残る素敵な、素敵な、素敵なトレッキングだったよーーー。



2006年雪浅間と・・・13才。

雪浅間・・・・・・
ボクと浅間山をモデルニした画像もいっぱーーーいあるんだ。
ご主人はボクと浅間山のショットは絵になるらしく、四季折々撮影するんだ・・。

ここは、浅間園・・・・・
後ろに雄大な浅間山。
ボクだって、浅間山に負けない様に、ポーズと取っていたんだ。



TOP最期の日記ボクがいた・1ボクがいた・22005年10月の日記テツへのレクイエム

ペンションレアール(PENSION LES HALLES)
E-mail info@reaale.com
Hachioji LES HALLES All Right Reserved.