■同じ風に吹かれて 同じ時を生きてるんだ  「たしかなこと」小田和正・詩・曲
2009/02/07

老犬・テツの日記 2009年1月中旬

最期の日記

トップページ 最期の日記 ボクがいた・1 ボクがいた・2 2005月10月の日記
テツへの
オマージュ
テツへの
オマージュ
テツへの
オマージュ3

2009/9/15
更新
テツを看取って
reguiem
(レクイエム)

■虹の橋を渡った日。
2009/01/18



■2008年撮影15才。





■ボクは、虹の橋を渡たんだよ・・・2009年1月18日午前7:00・16才と10日。
長い間、ボクを愛して頂き、有り難うございました。幸せだったんだ。
ファンの皆様に感謝したいんだ。

ボクは、虹の橋を渡ったんだ。



でも・・・・ボクは、「さよなら」なんて言わないんだ。
ご主人の心の中に生き続けているから・・ネ。


2009年02月4日(水) 飼い主から・・・


■テツの兄妹からの手紙






■テツの最後の兄妹から・・・・・
2月4日。テツの兄妹(ベリー君)のご主人から手紙が届きました。
それには・・・
ベリー君が2008年1月18日に天国に旅だったとありました。
奇しくも・・・テツと同じ日でした・・。
兄妹の強い絆を感じました。




2週間をすぎて・・・・・
毎日、テツへのアクセスが届いています。
こころの整理はまだですが、テツを愛していただいたファンの方々に、きちんと報告しなければとおもいつつ、今日になりました。



テツを見送った3日間の記録・・・
テツが「虹の橋」の階段を静に昇った3日間を2009年1月22日に綴りました。A4・4枚。

テツを愛していただいたお礼と、テツからのメッセージとして・・。

Requiem・・・・・・
テツが2009年1月18日午前7時に虹の橋を渡り、天国の階段を上り永遠の別れを告げた3日間を斎場から無事帰り、少しだけ心が落ちつた翌日22日、3日間を記憶に残さなければと思い・・・
ワード(A4に4枚)にテツへのレクイエムとして、綴りました。

その時書いたのを、修正せずにそのままにして、公開させて頂きました。つたない文章ですが・・・・・・

読んで頂ければ、きっとテツのファンの皆様に少しでも、お返し出来るかと思います。


テツへのレクイエムへリンク










2009年01月18日(日)最期の日記・・・・


■ご主人の時間が止まった日・・・

ボクが虹の橋を渡った日。


虹の橋をわたる・・
ボクは善光寺に行った翌日の早朝の7時に穏やかに、苦しまずに、眠る様に安らかな顔で、永遠の眠りについたんだ。
それは・・・早朝の7時さ・・。




■1993年1月8日生まれ・・
1993年1月8日に、5人兄妹として生を受けて2009年1月18日、16才と10日の天命を全うして旅立ったんだよ。


最期の鮭・・・
2009年1月8日の誕生日を迎え、ボクのの大好きな鮭の照り焼きでお祝いしてもらったばかりさ。




■善光寺詣で・・・・
善光寺はボクのご主人がどうしても行きたかった場所で、やっと・・実現したんだよ。


認知症に・・・・
ボクは2007年5月連休明けに突然認知症になり、2008年9月に寝たきりになり、永眠時には6.4sあった体重が2,5sまで落ちていたんだ・・。
認知症で車が嫌いになり、何処も一緒に出かける事が出来かったよ。




最期の旅・・・・・・
ご主人が・・意を決して、最近車が少しOKになり、やっと、ヤット念願の善光寺参りさ・・・。


ボクは・・・・
まさか、まさか、まさか・・・・これがボクとご主人の最期の旅になるとは、ボクは思っていなかったんだ。



初観音様の日・・・・
ボクが虹の橋を渡った日、・・18日は奇しくも初観音様の日だって・・。


シャッターを切る・・・
ご主人はボクの写真を久し振りに連続でシャッターを切っていたんだ。




ボクを抱いて・・・・
ずっとボクを抱いて、シャッターを切っては、又抱いて歩いたんだ・・。約2時間の詣でだったよ。




位の高い色・・・・
ある人がボクのの写真見て言ったんだ・・。
ボクのの毛布の色は、お坊さんの位の高い人が着る色だと・・・・。


天国に導いてくれた・・
18日の初観音様の日なので、きっとボクを天国の送ってくれたのでは・・・ともいわれたよ。



ボクの温もりを・・
この最期になった片道2時間の旅で、ボクがずっとご主人に抱かれていたんだよ。2.5sのになったボクの温もりをご主人に残したよ・・。



ボクは2.5s・・・
ご主人は・・ボクの2.5sになった軽い体の温もりが今も残っているって・・。




テツからの最期の贈り物・・・

テツが最期に素晴らしい贈り物をしてくれた最高の善光寺の旅だと思っています・・。
テツには、ただ、ただ「有り難う」の一言です。




■テツが永眠したこと・・・・
テツが永眠して2週間がたちました。
時間と睡眠が次第にこころの大きな穴も悲しみの少しづつ癒してくれます。

この日記もきとんと終わりを告げなければと思いますが・・

少し心が落ちつき、冷静にテツの事を綴るゆとりができました。


このページへのアクセスを毎日頂いています。
日記を削除しまいましたので・・・・・。






2009年01月17日(土)


■善光寺に行ったよー


■善光寺をバックに撮影したんだ。


■善光寺に行ったよ・・・・
ボクは、2年振りに善光寺に行ったんだ。


■2年まえの時は・・
・・・
ボクが2年前に来た時は、ボクの歩く姿見て「頑張ってるね」って言われたんだ。当時ボクは14才。きっとよたよた歩いていたんだと思うんだ。

















■テツと行った善光寺・・・・
テツと本当に久し振りに車で出かけた。
車中の2時間、テツをうずっと抱いていた。テツは2,5s。
以前よ体重が減って軽かった。

テツが、車が駄目になり、ずーーーと何処も行く事が出来なった。

意を決して・・本当に・・久し振りに小さな2時間の旅にでかける・・。


善光寺は1月、毎年初詣にいった場所だった。
去年も行く事はできなかた。

2年振りの善光寺。
2時間の車中、軽くなったテツを抱いていた。テツと一緒の念願の善光寺行きは、ワクワクしていた。
どうしてもテツと行きたかった。

テツの体の温もりをいっぱーーーーい体に受けていた。

テツを抱いて、参拝して、写真を撮って、おみくじ買って、ゆっくり散策していた。

時間はすでに2時間近く経っていた。
幸せそうな参拝客の中を、テツと歩いていた・・。

テツはずっと静にしていた。

寒椿に雪が積もっていた。

帰途中にテツの缶詰とテツの大好きなぶりを買った。









■2004年撮影・11才・元気いっぱーーーーいさ・・。


2009年1月17日善光寺行き車中にて




■2005年・高遠の桜(花見)12才・ご機嫌さ・・。

TOP最期の日記ボクがいた・1ボクがいた・22005年10月の日記テツへのレクイエム

八王子レアール(HACHIOJI LES HALLES)
E-mail info@reaale.com
Hachioji LES HALLES All Right Reserved.